屋根塗装をするメリットとそのタイミング

屋根の寿命を延ばす方法として塗装は有効な手段です。
一般的に多くの住宅で使われているシリコン塗料でも内部結露を防ぐ効果が期待でき、高い品質の割にリーズナブルな料金で工事をしてもらえます
その他にもシリコン塗料の長所に加えて太陽熱を遮熱・断熱できる塗料もあり、これらはシリコン塗料よりも若干料金があがります。
ただこれらの塗料を使用することでエアコンなどを過剰に使わなくても室温をコントロールしやすくなったりするので、室内の温度管理に気を配る家庭ではシリコン塗料よりもメリットが大きいかもしれません。
しかしこれらの塗料によって得られるメリットは、あくまで屋根の状態が良好でなくては得られないものばかりです。
たとえば骨組みなどが痛んでいる場合は塗装だけでは十分な効果がえられないので全体的なリフォームが必要となり、そうなってくると工事費用も時間も大きくかかります。
屋根の内部に重大な被害が出る前に被害を予防する工事を行うのが最も良い方法といえるでしょう。
ではどのタイミングで工事に踏み切るのがベルトかというと、大まかな目安として塗装の色が薄くなりはじめていると感じたり、触れてみて指に白い粉が付着した時がいいと言われています。