Qスイッチレーザー法で術痕が残らないほくろ除去

ほくろ・痣は、目立つ場所にあるとコンプレックスになる場合が多いものです。
特に大きいほくろ・頬や鼻などへある場合、消してしまいたい人も多いでしょう。
その場合、美容整形であれば思った以上に簡単に消すことができます。
その施術法ですが、いろいろなものがあるのです。
そのひとつに、Qスイッチレーザー法というのがありまして、この施術では平たくてシミのようなほくろ・治療が難しいとされる顔のほくろ除去が、安全にできます。
この、Qスイッチレーザー法というのは、黒色へ反応する仕組みのレーザーを使うのです。
美容外科・クリニックなどで使われる機器で、シミ取りの施術では定番となってます。
この機器を使った施術では、ほくろの場合は盛り上がってない・平らなケースで行われるのです。
そして、黒色へピンポイントに反応するQスイッチレーザーは、黒色化した皮膚組織以外へは照射されません。
そのため、とても安全性が高いのです。
ですから、太田母斑のような色素が入組んだものでも、レーザー照射を数回行えば綺麗に消すことができます。
http://www.mole-remove.net/