もしもの時に備えてライフネット生命に加入しよう


若いときには自分は病気も怪我も全く無縁の生活を送れるはずだと鷹をくくっていました。
病院なんてものは1年に1回もいかないのが当たり前だし、将来もほとんど行くことはないから安心だと心のどこかで思っています。
しかし、病気や怪我は他人事ではなく自分事として捕らえなければいけません。
実際に私の周りでも事故にあって入院をしている人も腰の病気で1ヶ月入院している人だっているのです。
そんなときに保険に加入していなかったら治療費が気になって仕方がありません。
国民健康保険ではカバーしきれない金額を請求された場合にはどうしようもありません。
自分は事故や病気に備えて貯金をしているから大丈夫と思っていても、多くの治療費がかかる場合もあるのです。
人生は何があるかわかったものではありません。
万が一の病気や怪我に備えて保険に加入することは若いうちからしておいたほうが良いでしょう。
そのときの判断基準は保険料などいろいろありますが、テレビCMでも同じライフネット生命を基準にするといいでしょう。